Part.1 ラブリーポップスの「ラブポの時間ですよ2」一挙公開!

Lovely Pops

セクシーアイドルグループ「ラブポ」ことラブリーポップスの初の冠番組『ラブポの時間ですよ2』!
今回もラブポをもっと知ってもらおう!ということで様々なコーナーに挑戦してラブポの魅力をお伝えします☆

構成=麻雅庵 「ラブポの時間ですよ」Vol.1はコチラ

メンバー:大森玲奈、愛原れの星空もあ真田美樹

愛原れの(以下愛原):ラブリーポップスの「ラブポの時間ですよ2」スタートしました!
メンバー一同:わーい♪
愛原:今回もラブリーポップスのメンバーがいろいろなことを披露したり、赤裸々告白したりします!
今回は自己紹介にプラスして、収録日がバレンタインデー近くだったので、バレンタインデーの思い出を語ってもらいます!
真田美樹(以下真田):ラブリーポップス紫担当、みきてぃこと真田美樹です。
バレンタインデーの思い出は……男の子にチョコをあげたことなんてないです!
愛原:おお、バレンタイン処女だ!
大森玲菜(以下大森):えええ! 私が欲しいな〜♪
愛原:そんなリーダー、自己紹介をお願いします!
大森:はい! 赤色担当、ラブリーポップスリーダーのれな氏こと大森玲奈です。
バレンタインデーの思い出は、小学1年生で、初めてあげたのにフラれた悲しい思い出です!

愛原:はい、番組MCを担当をしています、姐さんこと愛原れのです。
私は、同じ男の子に5年連続あげてアタックしたけど、うまくいきませんでした。
大森:悲しい思い出ばっかりだね(笑)
星空もあ(以下星空):はい! ラブリーポップス緑担当、スタースカイこと星空もあです。
バレンタインの思い出はない! あげたことないです。小学生のころに女子からもらったことがありますけど。
愛原:なんかラブポのバレンタインデーの思い出は、悲しいことか無ししかないので、今年のバレンタインはいい思い出があればいいですね。
※結果は……ライブなどでお会いしたときに話します(笑)

セクシーアイドル意識調査

愛原:さて最初のお題は、「セクシーアイドル意識調査」です。
ラブリーポップスは、アイドルでもあるし、私とれな氏は引退しましたけど、AV女優でもあります。
なので、セクシーアイドルとしての意識調査をしてきます。
大森星空真田:えええ〜(笑)
愛原:みなさん正直に答えるように。
もし丸が3つ以上ない場合はセクシーアイドル失格です。
みんなセクシーアイドルなので大丈夫ですよね。
大森:愛原こそ大丈夫なの?
愛原:もちろんです(笑)

第1問「体に自信がある」 

愛原:これは部位、パーツでもいいし、全体でも良いです。
それではせえのドン!

真田  大森  愛原  星空 ×

愛原:え? もあっち(=星空)が×なの? 意外。
真田:でも自信を持ってあげるほどあんまり自信ないんですけど……。
大森:ねぇ、どっちぃ?
真田:やっぱりおっぱいが……(笑)
大森:ふー(ため息)
愛原:もはや欲しいよ(笑)れな氏の○の理由は?
大森:全体的にはないんだけど、アソコに自信がある!

メンバー一同:(大爆笑!)
愛原:ええと、詳しく説明してください。単語には気をつけて(笑)
大森:包むよぉ(笑)。実は小さいころからいわゆる「ビラ」が大きくて。
普通にしていても見えちゃうぐらいで悩んでいたんだけど、この業界に入って褒められるようになって自信を持ちました!
愛原:私はおっぱいです。大きさではなく色と形と感度。あとお尻売りだったのでお尻。そして最近体を絞りまして、4、5キロ落としたんですね。
撮影会に来てくれた人は分かると思うけど体型がだいぶ変わったんです。なのでくびれを維持していけるように頑張ろうと思います!
愛原:もあっちはどうして×なの? おっぱい大きいのに!
星空:別にそんな大きくないよ。この業界に入ったら大きな人、もっと大きい人いるし。
大森:あんたもっと自信持ったほうがいいよ!
愛原:大きいし綺麗だよね。
星空:そう?
真田:エッチなおっぱいしてると思う。
愛原:じゃあもあっちは、今後、「エッチなおっぱい」売りでいこう。
星空:じゃあそうしよう(笑)

第2問「喘ぎ声が可愛い」

真田 × 大森  愛原  星空 ×

大森:なんか私たちだけ?
愛原:自意識過剰みたいに見られちゃうじゃない(笑)
×の理由を真田ちゃんから聞いていきましょう。
真田:なんかトドみたいになっちゃう(照)
大森:私、真田ちゃんのエッチ、AVで見たことあるよ!
愛原:私もある! 可愛いよ!
真田:でも……本気になるとトドになる(照笑)
愛原:トド界では可愛いほうだと思うよ(笑)もあっちも現場一緒になったこといっぱいあるけど、喘ぎ声、可愛いよ。
星空:あれは作っているから(笑)
大森:いいんだよ、みんな作ってるんだよ!
真田:(爆笑)
愛原:絶対に可愛いよぉ(笑)
星空:自分じゃ分からないよ(笑)
愛原:確かに。自己満かもしれないしね(笑)
大森:自分では自信がなかったけど……超ぶりっ子して頑張ってたんだから!
愛原:聞きたい!
星空真田:(拍手)

※ここからセクシーボイスが始まります。ぜひ映像と共にお楽しみください♡

大森:……『あああ、気持ちいい。もっと触って……』みたいな(照笑)
愛原:可愛いぃ♪
大森:でも、私だって本気になればトドみたいになるよ(笑)
じゃあひとりずつやっていこうか。
真田:(エロいモード入って)……『あああ(低音)ダメ、ああダメ!』照れちゃう(照笑)
愛原:こっちが照れちゃうわ! じゃあ、もあっちやってみよう。
星空:えええ? ワカンねぇ……よし!(後ろ向いて)ああダメ、イッちゃう、イッちゃう!あああ(照れまくり)
愛原:みんな可愛いぃ。じゃあそういうことで。
大森:やり逃げはないから!トリの姐さん、どうぞ。
愛原:アンアンアン♪
大森:これは可愛くねぇわ(笑)
星空:エロいシチュエーションじゃないのに、急にやれって言われても難しいよ(笑)

第3問「痴女は得意だ」

真田 × 大森  愛原  星空 ×

大森:(真田と星空を見て)絶対に嘘でしょ!
愛原:私は痴女役が多かったから。本当はドMなのに、顔が理由で(※ギャル=痴女という風潮がAVにはあります)やらされているうちに得意になった(笑)
大森:私は……最後は責められたいけど、プライベートでも責めたい派。言葉とかも現場みたいに言っちゃう(笑)(真田に)でも本当に上手いでしょ?
真田:ほんとに苦手なの(笑)
愛原:だっておち○ぽ遣いがお上手な感じだから(笑)
大森:言葉に気をつけてと言った本人からピーが入りました(笑)
真田:(照れまくり)苦手なんだけど。イッちゃいそうなち○ぽに対して、いろいろ弄ったりするのは好きだけど、言葉でのプレイが苦手、できない(笑)
愛原:もあっちは?
星空:役でやっているだけ(笑)。できないことはないけど得意ではない。
大森愛原:さっきから、このふたりだけでなんか恥ずかしい(笑)
愛原:じゃあ、ふたりで責めるとどうなるのかをやってみようか? みきてぃ、私たちの真ん中にどうぞ。
大森:(愛原に向かって)うちらふたりで責めたことあるよね、現場で。あのパターンでしよう!
言われるがままに定位置につく真田ちゃん。ちゃんとバナナを握りしめて準備するのはさすがです(笑)

愛原:先っちょからお汁出てるぅ〜♪
大森:なにこれ(指ですくって舐める)美味しいぃ。ああ、さっきよりも硬くなってきてるぅ。
愛原:(シコシコ続けながら)なにぃもうイッちゃうのぉ?
大森:(シコシコ続けながら)イッちゃうの? イッちゃうの? ぴゅう〜♪
愛原:みきおぉ早いぃ(笑)
真田:ご、ごめんなさい。我慢できなくて。
愛原:結果、みきてぃの童貞役が上手だったということで(笑)
星空:うますぎて面白いわ(笑)

Part.1はここまで!続きは次回Part.2の公開をお楽しみに♡

ピックアップ記事

関連記事