Part.1 桃瀬ゆりのMAZOMAZO インタビュー

INTERVIEW

ドMなAV女優としてSM系作品に引っ張りだこの「ももゆり」こと桃瀬ゆりちゃん。プライベートでも、SMバーに行ったりするガチなM嬢なのです。普通のSEXとの快楽の違いなど、SMが未知!という方にもオススメな深くて濃ゆいインタビュー!SMから「ももゆり」のパーソナルを深堀りします。
記事=麻雅庵

──お久しぶりです。お元気でしたか?

桃瀬ゆり(以下桃瀬):元気にやっています。冬の間は自分に対する仕打ちとして、寒さに対する我慢を楽しんでいました(笑)

──寒さって我慢できないよね。

桃瀬:暑さよりもキツいですよね。でも、私は寒さに弱いんです。なんですかね、自分の限界を試したいんです。

──前にお会いしたときに思っていたんですが、Mなももゆりちゃん、実は究極のSだと思ってます。

桃瀬:えええ? なんでですか?

──私が思う究極のSは「自分を試す人」なんです。だからあなたは究極のS(笑)

桃瀬:ああああ! そうかもしれない(笑)

──対人プレイって、性癖とは違う優しさとかが出てくるでしょ? だけど、自分に対する攻撃だと限界突破しちゃうことが多い。コミュニケーション手段が攻撃されるというのも、S性を感じる。「やってみて」的な。ちょっとコミュ障の傾向があるでしょ?

桃瀬:そうですね。SMバーは、そんな私を受け入れてくれるので大丈夫なんですけど。

──そこは周囲の人間が、自分の性癖を確認できている場所だからです。ももゆりちゃん自身が、自分の何かを試そうとする究極のSであると思うのです(笑)

桃瀬:そう考えたことはなかったですね。確かに納得します。

──本当のSでSを名乗るSの人はいないでしょ?

桃瀬:確かにそうです。言われたとしてもピンとこない(笑)。この人だったら自分の限界を超えて責めてくれそうとか、この人には何をされても良いという人を選んでいるんですよね。

──みんなSMは痛ければ良いと勘違いしているけれどそういう単純なものではないよね?

桃瀬:実は限界を責めてるだけで、タトゥーとかそういう意味ですよね。女王様とかいらっしゃいますし。

──映画「蛇にピアス」観ました?

桃瀬:観ました! めっちゃ良かったです。ただし、自分ではその辺りは興味がないんです。ご主人様が彫り師だとして、「この人にならばタトゥーしてもいい」と思ったり、命令されて「名前を彫れ」と言われたら萌えますし考えるけど(笑)

SMとAVの関係性

桃瀬:私の好きなSMって、主従関係なんです。AVではなかなか表現ができない。

──小説とかではありますけどね。「刺青」とか「痴人の愛」とか。AVは、どうしても責められている女の子がメインだからね。責めている人がおかしくなるほどのプレイがあればいいけど。

桃瀬:私を責めて、そのままおかしくなる人がいると、萌えます(笑)。私が責められているときに、見せる「サイコパス」っぽいところが見たい。

──そんなにいないですけどねぇ、リアルなサイコパス(笑)。普通の人はおかしくなるけど。

桃瀬:昔、責めるのが苦手な男優さんに当たったとき、「もっとガンガン叩いて!」と懇願したら、相手のほうが参ってしまったという経験があります(笑)

──あと、Sとはオラオラ系と勘違いされやすい。

桃瀬:そうですね。全く別で、もっと深いものがある。

──その深さを探そうというのがSMのテーマではありますけれどね。最初に目覚めたのは?

桃瀬:小さいころからMだったんですよ。それといじめられっ子だったので。アメリカにいたころに性的ないじめとかありました。

──向こうもあんですねぇ。あと向こうの人は初体験が早いよね(笑)

桃瀬:そうですね(笑)。ロッカーでチュッチュしてました。私はエッチしてなかったんですけどね。
いじめに関しては、それはトラウマだったりするけれど、それが性癖になったのか、小さいころ、オナニーするときに私をいじめている人を考えてしたり、無理やりレイプとかを妄想してオナニーしてました。その段階で目覚めていたと思うんですけど(笑)21歳のときに初めてご主人様ができて嬉しかったです。

──確か初体験も遅いよね?

桃瀬:20歳です。

──SMは経験豊富な印象があるけど、AV女優になって初体験したことってありますか?

桃瀬:プレイで初めてやったものはありますけど、意外なところで言うと、バイブとか電マとかローターって、AVが初体験です。SMだと鞭とか縄とかがメインで使わないんです。

──なるほど。SMでバイブやローターをあまり使わないというのは目的が違うからでしょうね。

桃瀬:そうですね。SMはイカせることがメインではないので。最近言われる脳イキがありますよね。SMしているときは、正直、SEXはいらないんです。叩かれたり、縛られて、何度もイッてるし(笑)

──AVは射精主義だからね。

桃瀬:だからなのは仕方がないと思うんですが、たまに、「ここにSEX必要かな?」と思うことがあります。
もちろん私はSEXもオナニーも好きで、射精してもらうことも好きですけれど、それだけじゃ満足できないっていうのがあります。

──男の潮吹きとか?

桃瀬:吹かせてみたいですねぇ(笑)チャンスがあればやってみたいなぁ……相手がいないけれど(笑)

いかがでしたでしょうか?
ももゆりちゃんとのSM論議はさらにここからヒートアップしていきますが、今回はここまで! 次回Part.2では奥深いSMの世界にもっと踏み入れていきます!お楽しみに!

桃瀬ゆり(ももせ・ゆり)
1990年5月14日生まれ
T160cmB85(D)W58H84
趣味/特技=買い物、SM/猫・英語
Twitter

ピックアップ記事

関連記事